イベント情報・お知らせ

七夕の宴 新着 蔵元おすすめ情報!(宮寒梅、夢幻、阿部勘)

こんにちは、宮城県酒造組合です。

7月5日開催「宮城の純米酒 七夕の宴」(八芳園:港区白金台)がだんだんと近づいてまいりました。
ここで少しづづですが、当日の各社のお薦めのお酒などの情報を皆様にお知らせしたいと思います。

当日蔵元ブースを訪問する際の情報としてご活用下さい。

チケットは、開催日が近づくにつれて売れていきますので、日程の合う方はお早めにご購入の程お願いします。

※事情により本ページに掲載した商品が出品ができなくなった場合は、申し訳ありませんがご了承の程お願いいたします。

 

「宮寒梅 純米吟醸 Mr.Summer Time」

 

今年も昨年より引き続きコーラスグループ「サーカス」コラボレーションラベル(サイン入)となっております。

華やかな香りとほのかな酸味。
この夏の思い出の日にご一緒したいお酒です。
過ぎ去る夜を惜しむように、
ゆっくりご堪能ください。
小売価格 720ml 1,620円(税込み)

 

 


「天上夢幻 純米吟醸 濁酒」

【お勧めできる点・理由】
濁酒は意外にも中華料理や焼き肉など油分が多い料理との相性が良い、さらに辛みのある味付けの料理には、口中で辛みをマイルドにしてくれる効果もあるので夏にお勧めです。

【お勧めの飲み方・楽しみ方】
夏は氷を入れてロックでも非常に美味しく頂けます。

【商品スペック・小売価格】
アルコール度数15度以上16度未満
日本酒度マイナス16
酸度1.9
精米歩合60%
宮城県産米100%使用
小売価格 1200円(税抜き)

【参加者の方へ一言】
明治39年創業、宮城県加美町の酒蔵です。
奥羽山系伏流水を使い、普通酒から高級酒まで全ての原料処理を「限定吸水」「直火和釜蒸し」にこだわっており、冬季に仕込む「寒造り」の伝統を守り続けています。

 

「阿部勘  純米吟醸金魚ラベル」

【参加の方へ一言】

 塩竈市にて酒造りを行っております阿部勘酒造株式会社です。今年の七夕の宴への出品酒はお米違いの5種類ご用意します。『雄町』『亀の尾』『ひより』『ササニシキ』『トヨニシキ』それぞれの違いをお楽しみください。その中でもおすすめは夏の季節限定酒『阿部勘純米吟醸金魚ラベル(写真一番左)』です。酒質は綺麗で透明感があり、見た目にも涼し気な遊び心あるラベルとともにお楽しみください。当日は何卒宜しくお願い致します。


宮城の純米酒 七夕の宴

● 開催日時:令和元年7月5日(金)19時~21時
       受付開始18:30から
● 開催場所:八芳園(東京都港区白金台)
● 主催者:宮城県酒造組合
● 参加費:お一人様 6,480円(税込)
● 定 員:300名
● 参加資格:満20歳以上の方
● チケット購入期限 6月30日(日)
(定員に達した場合は購入期限前までに受付を終了する場合があります)
=====
チケットはファミリーマートの「Famiポート」か「イープラス※」でお買い求め下さい。
※イープラスで「宮城の純米酒」で検索して下さい。

●イープラス「宮城の純米酒」
https://eplus.jp/sf/detail/2940350001-P0030001P021001?P1=1221

—-

●「宮城の純米酒 七夕の宴 」
ファミリーマートでの直接購入方法

(参考)
https://ticket.customer-help.jp/…/answers/detail/a_id/53/kw/