みやぎの酒造り

宮城の酒の歴史

宮城の酒づくりのルーツ


宮城の酒は慶長9年(1604年)に、亘理の武田源左衛門が町酒屋として酒造を始めたものが記録が残されている中では最初とされています。

その数年後の慶長13年(1608年)には、食通で酒をこよなく愛した仙台藩祖・伊達政宗による仙台藩の御用酒屋がスタートしました。

伊達政宗公は、柳生但馬守宗矩(やぎゅう たじまのかみ むねのり)の紹介により、大和(奈良)の榧森(かやのもり)に住んでいた又五郎に「榧森又右衛門(かやのもり またえもん)の姓名と十人扶助、切米十両を賜り、青葉城三の丸の南に住居を与え、また酒造蔵を準備し御用酒屋を始めました。酒造蔵は、政宗公自らが縄張りしたと伝えられています。

榧森家は、初代又右衛門から十二代に至るまで御酒御用を務め、その醸造する酒は、御膳酒・夏氷酒・忍冬酒・桑酒等二十数種にも及び、仙台領内の醸造技術の発展、向上に多大なる影響を与えました。藩御用達酒屋の発展とともに、仙台城下では町酒屋も登場し、お互いに酒造技術を競い合う中で、宮城の酒づくりは磨かれていくことになりました。

宮城県酒造組合の設立

県内各地に酒造組合が設立されたのは、明治17年に「同業組合準則」が公布された後のことです。その後の明治27年の日清、明治37年の日露戦争には戦費の大半を酒税が負ったとされています。

藩政時代から、お酒は貴重な財政の基になっており、それが明治期にも引き継がれ、国家財政に大いに寄与してきました。

明治29年の酒造税法、明治31年の一部改正により、法的に酒造組合が設置され、政府の監督下におかれました。

明治41年、宮城県酒造組合が設立されました。初代会長には武田吉平氏が就任、以後官製の組合として現在の14代目大沼 充へと続いています。

仙台藩御用酒発祥の地

宮城県酒造組合では昭和55年、設立70年記念事業の一つとして、御酒蔵跡と名水の湧出する地に県産酒の源流として「仙台藩御用酒発祥の地」の石碑を建立いたしました。

みやぎ・純米酒の県宣言

全組合員が足並みを揃え、ササニシキ100%の純米酒造りを始めることになり「いい酒・うまい酒造りに努めることを約束します」と、昭和6111月に「みやぎ・純米酒の県宣言」を行いました。

また「仙台城内に自らの縄張りをして酒蔵を造り、杜氏を呼び寄せ酒造りを始めたお酒好きの伊達政宗公」にちなみ「政宗公が飲んだ酒10000本プレゼント」を実施し大きな反響を呼びました。

東日本大震災の発生

2011年3月11日、東北地方に大震災が発生し、宮城・福島・岩手に特に大きな被害が出ました。

宮城の蔵元25社においても、全壊判定6社、大規模半壊3社、半壊14社という被害を受け、一部の蔵元では被害の大きさに廃業も意識していました。

しかし、宮城県、国税局、国や関係機関、そして一般の消費者の皆様から温かいご支援をいただき、震災当時から現在まで1社も欠けることなく存続できています。皆様には大変お世話になり感謝しきれません。

新・みやぎ・純米酒の県宣言(平成28年11月発表)

昭和61年11月1日に発表された、「みやぎ・純米酒の県」宣言から、おかげさまで30年が経ちました。美味しい宮城のお米とともに、全国の酒造業界に旋風を巻き起こし、当時ほとんど知られていなかった純米酒が、今では宮城で造られる日本酒の半分を占めるまでになりました。

また酒造りの技の切磋琢磨により、宮城の純米酒の品質の高さ、美味しさは多くの消費者の皆様に支持されるに至っています。これもひとえに、宮城の純米酒造りに関わって下さるすべての皆様のおかげと深く感謝いたします。

一方近年では、高品質で個性のある純米酒造りが全国的にも広がりをみせ、それに伴い美味しいお米や優れた酒造好適米が次々と開発されてきており、酒造りを取り巻く地域の総合力が試される状況となってきております。

「みやぎ・純米酒の県」宣言から30年の節目を迎えるにあたり、さらに皆様のご協力をいただきながら、よりよい宮城米による、よりよい純米酒造りに一層精進してまいることをお約束します。

宮城の酒の特徴

南部杜氏の技と心

現在、宮城の酒蔵で活躍している杜氏のほとんどが南部杜氏です。藩政時代に登場して以来350年余の歴史を持つ南部杜氏は、越後杜氏(新潟)、丹波杜氏(兵庫)と並ぶ日本三代杜氏の一つ。その仕事エリアは東北だけに限らず、山陰と九州を除く日本全国にわたり、確かな技と熟練の仕事で信頼を高めています

東北を発祥とする南部杜氏の酒づくりは「端麗辛口」を特徴とします。厳しい東北の冬が育んだ低温長期発酵の技術が、端麗で辛口の酒を生みだし、それが今、日本酒の味の主流をつくり出しています。

毎年11月から翌年4月までの6ヶ月間、杜氏の仕事は休みなく続きます。蒸米から始まって麹づくり、酒母づくり、醪づくり、三段仕込みと、黙々と酒づくりに向かう杜氏の意気込みが、蔵の中で豊饒の夢をゆっくりと開かせていくのです。

約9割が高品質酒

宮城の酒は全国屈指の高品質。昭和61年11月に「みやぎ・純米酒の県宣言」を行って以来、蔵元は原料や精米歩合の表示が義務づけられた高品質な「特定名称酒」の製造比率を高めてきました。現在では宮城の酒は約9割が特定名称酒であり、全国の平均約3割、東北の平均約5割をはるかに凌いでいます。

全国新酒鑑評会 金賞受賞率 三年連続全国第一位

独立行政法人酒類総研と日本酒造組合中央会が共催する全国新酒鑑評会において、宮城県から出品されたお酒の金賞受賞率は、平成28年から平成30年まで三年連続で全国第一位となりました。
出品数と金賞受賞数は、平成28年が23点中15点、平成29年が23点中20点、平成30年が23点中13点。全国の平均金賞受賞率は27.3%(平成30年)ですので、宮城の金賞受賞率は飛び抜けて高くなっています。
金賞を含む入賞数は23点中18点 実に78%で、これも全国第一位です。「宮城の日本酒はどれを飲んでもはずれがない」といわれるのには、こんな裏付けがあるのです。

世界から注目を浴びる「SAKE」

平成13年から開催されている「全米日本酒歓評会」と、その受賞酒を利き酒するイベント「ジョイ・オブ・サケ」は毎年大盛況。世界最大規模を誇るワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)」も平成19年に日本酒部門を創設するなど、日本酒の認知度と評価は世界中で高まっています。宮城の酒も早い段階から受賞を重ね、さらなる飛躍に向けて期待が高まっています。

熱心なサポーターの支え

日本酒愛好家の集まりで、利き酒会やイベントに足しげく通ってくれる「日本酒サポーターズ倶楽部」会員の皆様など、宮城の酒は熱意あふれるたくさんのファンに支えられています。宮城の酒を愛する人たちの輪は着実に広がっています。