宮城の蔵元一覧

メイン画像

[ 栗原市栗駒 ]

千田酒造

chida shuzo

主要銘柄

栗駒山/奥鶴

商品写真

酒屋の命は水の良さ
栗駒山の恵みを生かした
フレッシュな酒造り

「米は遠くからも調達できるし人も移動できる。けれど水だけは動かせない。だから僕は地酒の本質は水だと思っています」と言い切る、4代目蔵元の千田善彦社長。昭和50年代初めに誕生した銘柄「栗駒山」の名も、名峰・栗駒山から水の恵みを受けていることへの想いを込め、命名された。とてもやわらかく、クリアでキレのいい栗駒山の伏流水。千田社長が目指す「フレッシュでさわやか。するっと入ってきて、料理に寄り添い飲み続けられる」酒造りを、その水質が支えている。

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

緻密なデータの蓄積が
ブレのない酒質を造る

栗駒山の酒質のブレの少なさ、精度の高さは、飲み手から定評のあるところ。その理由のひとつがきめ細かいデータ管理とその蓄積だ。もろみ温度を0.1℃刻みで管理する設備も、県内でいち早く導入した。また、原料処理と言われる米の吸水や蒸しにかんする時間、重量等の数値データを、しっかり取り続けているのがうちの特徴、と千田社長は話す。
「勘と経験は大切だけど、それだけに頼ってしまうと酒造りが安定しない。再現性の高い酒を造るには、客観的な裏づけとなるデータがすごく重要。数値以外にも見たこと感じたこと、すべて書き込みます。それが来年の自分をまた助けてくれる」
目指す酒質の追求に余念がない千田社長。酒造りのモチベーションは、と尋ねると、「そりゃあ、酒屋やって何が楽しいって『おたくの酒、うまいよね』と言われるのが一番ですよ。美味しいと思ってもらうために造っています」
破顔一笑でそう締めくくった。

Information
蔵元情報

外観写真

千田酒造

栗原市栗駒中野北畑中63-1

お問い合わせ Tel : 0228-45-1024

大正9年(1920)に創業。栗原市金成で農業と麹造りをしていた初代・千田養治郎が、鶯沢町の造り酒屋を譲り受けて酒造業を始めた。当初の銘柄は「奥鶴」。より良い仕込み水を求めて昭和12年(1937)に栗駒中野に工場を移転。昭和50年代に新銘柄「栗駒山」を打ち出した。
蔵見学 不可

※ 蔵の状況や時期によって、ご希望に添えない場合があります。
※ 突然の訪問は受け付けておりません。余裕をもって事前にご連絡をお願いします。

このページを
印刷する